日本人材機構は、大都市で活躍する経営人材と、
地域に根づいた地方企業を結び、
人材の力で地方を創生していきます。

日本人材機構ロゴ

私たちは地方創生を目的に地方に根差した企業に首都圏で働く情熱をもった経営幹部人材を紹介し、
地方への人材流動化の仕組みづくりに取り組んでいる、政府主導で設立された企業です。

コンセプト

私たちの役割

「 地方こそ、新しい日本 」
人の力で、地方創生を目指します

日本がどんな未来へ向かっていくか。
地方創生は、この国の大切な課題であり、希望です。

当社による地方創生は、「地域企業の生産性向上」を最大の目的としています。

そのためのサービスとして地域に根差し、今後の成長を志向され、
地域をけん引しようとされている企業に対し、伴走型の人材紹介を行っております。

単なる人材紹介だけで終わることなく、採用した人が定着し、
周囲に良い影響をひろげ、活躍するまで伴走します。

私たちは地域企業と都心の人材のマッチングの成功実績を積み重ねていき、
大都市で働く人材の地方への転職と地方企業による大都市からの採用が「新しい常識」となる、
「地方こそ、新しい日本。」を志します。

地域中小企業の現状

  • 1人手不足

    少子高齢化や、内需の縮小による圧倒的な人手不足

  • 2経営人材・参謀人材の不在

    オーナーが相談できる経営層レベルの人材がおらず、オーナーが自ら解決策に向けて孤軍奮闘している。

  • 3生産性向上のため改革が必要

    事業モデルや業務フローが最新のマーケットに最適化できておらず、生産性向上に向けた次の一手が決められない。また、長期的な「稼ぎ方」、「次の10年」が見えない。

既存の地方幹部
転職マーケットが抱える
問題点

  • 1サポートニーズ

    幹部人材紹介に至る前の段階として、戦略策定、組織、制度設計、幹部研修などのサポートニーズの大きさ

  • 2人材要件ニーズ

    人事本部機能、本社機能ニーズ戦略、組織・人事、システム管理など本社機能の代行、補完機能を提供しつつ、経営幹部人材を採用し定着させる支援が必要

  • 3伴走ニーズ

    地域企業に伴走しながら、課題を一緒に考え、解決策の立案・実行を支援する機能

日本人材機構は「ラスト・ワンマイル」を解決

ページトップ