ニュース一覧

2019.07.30

信州100年企業創出プロジェクトについて(四者共同発表)

 特定非営利活動法人SCOP(長野県松本市、理事長・鷲見真一)、株式会社松本山雅(長野県松本市、代表取締役社長・神田文之)、国立大学法人信州大学(本部・長野県松本市、学長・濱田州博)、株式会社日本人材機構(東京都中央区、代表取締役社長・小城武彦)の四者は「信州100年企業創出プロジェクトコンソーシアム」を立ち上げ、「信州100年企業創出プロジェクト」を始動します。
 本プロジェクトは首都圏などで活躍する人材に、企業の成長促進に必要な知見について学ぶことのできる実践型リカレント教育プログラムを提供するとともに、県内企業へのマッチング、定着化支援を行うことを通じて、当該企業や地域経済の成長・活性化を促進するものです。また、この仕組みを継続することで、首都圏などで活躍する人材が、中核人材として県内企業へと対流するエコシステムの形成を目指します。
 本コンソーシアムは、実践型リカレント教育プログラムを提供する信州大学のほか、プロジェクトの全体設計及び統括事務局を務める同大学発ベンチャーで地域シンクタンクのSCOP、中核人材となり得る人材の確保に関するノウハウを提供する日本人材機構、「百年構想」を掲げる日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のメンバーである松本山雅で構成され、本プロジェクトを推進します。

ページトップ